So-net無料ブログ作成

2017金鯱賞 予想 [2017競馬]

有馬記念への裏路線重賞だったが、今年から大阪杯へのトライアル的なレースに模様替えとなったことで、出走メンバーもグーンと厚みを増してきた。金鯱賞→大阪杯→安田記念または宝塚記念のローテが中距離馬春3戦の主流になるかも?[soon]

外枠のロードヴァンドールとパドルウィールのハナ争いか? どちらが先手を取るにしても競ることはなくスロー必至だろう。ただ、早めに動きそうな馬もいるのでロングスパート合戦になるのでは。開幕週の馬場だけに前残りにも注意だが、インで脚を溜められ末のしっかりしている馬が前が塞がらなければ突き抜けそうだ。

一回り大きくなって戻ってきたプロディガルサンの成長力に期待したい。東京新聞杯の上がり3ハロン32.0の脚は並の馬ではない。内枠かつ予想されるスローの流れで楽に中団好位のポジションが取れると見る。直線の決め手勝負で内から一気に抜けてくるのでは? リアススティールの全弟でまだまだ伸びしろがあるのでは。二走ボケが少し心配だが…。

勝ち味に遅い所があるがステファノスも得意の距離でここまで対戦相手が軽くなれば勝ち負けできるのでは? もう6歳で上り目は少ないので、昨年秋と同程度の能力を維持できていればだが…。

有馬記念で0.3差の4着と周りを驚かせたヤマカツエース。自在性があるのでどんなレースでのできるのが強みだが、一方で決め手のある馬の末脚に屈することが多い。今回もディープ産駒に差し切られそうだ。

ヌーヴォレコルト、ルージュバックの牝馬2頭も連下ならあるかも? 少しズブくなっているヌーヴォレコルトは、今なら中山より中京のほうが向いていそうだ。ルージュバックはコーナー4つのコースでどうかだが、上手く外差しが嵌れば…。

中京二千重賞に実績のあるサトノノブレスはスタミナ勝負になることのない開幕週の馬場は合わないと見て評価を下げた。昨年のこの時期に行われた中日新聞杯を勝ってはいるが、今回のメンバーは重賞の常連が揃いレベルが違うので恵まれて連下程度か。


◎プロディガルサン
〇ステファノス
▲ヤマカツエース
△ヌーヴォレコルト
△ルージュバック
△サトノノブレス

馬券は◎からの馬連。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0