So-net無料ブログ作成
検索選択

2017弥生賞 予想 [2017競馬]

ソウルスターリングが1分33秒2の好時計で桜トライアルを楽勝した。桜花賞はくしくもクイーンCを同タイムで勝ったアドマイヤミヤビと一騎打ちになりそうだが、ルメールはどちらの馬に乗るのだろうか? ソウルスターリングが桜花賞を勝つと、Sadler's Wells系産駒が日本の競馬史上初の牝馬クラシック制覇になるが、終わってみればやはりサンデー系産駒となるかも?[soon]

牝馬戦線と比べると混沌としているのが牡馬クラシック戦線である。いつもならディープインパクト産駒の有力馬が数頭いるが、今年は今のところカデナとサトノアレスくらいだ。サトノアレスはどう見てもNHKマイル向きだし、カデナも今の中山の馬場はディープ産駒向きの馬場とは言い難い。

ハナを主張する馬がいないので型通りのスローな流れで固まった馬群になり、瞬発力のある馬に有利になりそうだが、前々で運ぶ馬も楽しているので簡単には止まらないだろう。

現時点で賞金面で皐月賞出走可能なのはカデナとコマノインパレス。後の馬はここで権利を取らないと出走は叶わないので勝負を賭けてきそうだ。

勝負気配がありありでキッチリと馬を仕上げてきてレースセンス溢れるダイワキャグニーはキングカメハメハ産駒で今の馬場も合っているし、先行脚質で予想される流れでは道中脚を溜められ末を失くすこともないと見る。例年人気になりながら馬券外に飛んでいる500万下勝組だが、今年は相手もそれ程ではないと見てこの馬を軸に取りたい。

中山の急坂が初めてとなるカデナも末脚の確実さから素質の高さを認めざるを得ない。外から一気にアッサリとのシーンも有るかも? 中山より府中向きの馬のような気もする。

エピファネイア、リオンディーズを兄に持つグローブシアターは兄達に比べると小柄で見栄えは劣るが、ホープフルSのレースを見ると素質の片鱗は見える。小柄に出たキングカメハメハ産駒が大化けすることを期待したい。

連下一番手には渋った馬場で2勝してきたマイスタイル。良馬場のスピード競馬に対応でき、ヨコテンの思い切った騎乗で突き抜ける可能性もあると思う。サトノマックスはディープ産駒としては期待できる血統の組み合わせではないので人気過剰気味だ。1勝馬なので3着にくれば程度で狂った際の押さえで十分だろう。コマノインパルスもスローの流れを自ら早めに動いていけば残り目があるかもしれないが勝つまではどうだろうか?


◎ダイワキャグニー
〇カデナ
▲グローブシアター
△マイスタイル
△サトノマックス
△コマノインパルス

◎からの馬連。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。