So-net無料ブログ作成

2017中山記念 予想 [2017競馬]

大阪杯がG1になったことで、このレースをステップにする馬が増えそうだ。クシロキングやサクラローレルのように、このレースを圧勝した勢いで天皇賞を制するような馬は見られなくなりそうだ。[soon]

行く馬が揃ったが飛ばすタイプではないのでマイネルミラノあたりの先導でユッタリ流れそうだ。こうなると切れ味鋭いディープインパクト産駒向きのレースになりそうだが、直線の短い中山なので前々で捌ける馬の残り目もあるかも?

中山千八は適性の差がハッキリする傾向のある距離だ。普通に走れば昨年の2、3着馬が、このメンバーでは適性も力も上だろう。

リアルスティールは昨年勝ったドバイが目標なので100%の仕上げではないと思うが、ベスト距離の千八なので連は外すことはないだろう。58Kの斤量と予想に反してハイペースになった時だけが少しばかり心配だが…。

昨年はリアルスティールに半馬身先着したアンビシャスは本質的に千八より二千向きの馬と見ている。千八だと脚を余しがちでいい脚で追い込んできてもちょっと届かずかも。ルメールがその辺りをどうカバーするかだろう。

この2頭に対抗できるのは、前々でレースを運べるネオリアリズムとロゴタイプだろう。千八の距離適性とヤネの腕からネオリアリズムを上位に取りたい。ロゴタイプもこのレース3戦2勝、3着と馬券を外したことのないローエングリン産駒で、自身もこのレースは昨年こそ7着ながら、その前は3、2着と馬券に絡んでいる。3着なら十分有り得るし、狂えば連絡みも…。


◎リアルスティール
〇アンビシャス
▲ネオリアリズム
△ロゴタイプ

馬券は◎からの馬連。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。