So-net無料ブログ作成
検索選択

2016有馬記念 予想 [2016競馬]

昨年の1~4着馬が駒を進めてきた。香港に適鞍を求める馬が増えてきて、有馬記念の出走馬が固定化する傾向になってきた。新陳代謝が少なくなるとグランプリレースとしての価値に傷が付いてくるかも?[soon]

金曜、土曜の中山芝はやや時計がかかっていた。切れ味勝負に強いディープインパクト産駒が苦戦する一方で、持続力タイプのハーツクライ産駒やパワータイプのハービンジャー産駒などが好走していた。
日曜は朝から快晴予報で気温は10℃程度まで上昇するようなので乾くだろうが、三日間開催の最終日でもあることから馬場の良化は見込めないと見る。やや重に近いスタミナを要する良馬場と想定したい。

逃げ宣言してるマルターズアポジーのハナでキタサンブラックは2番手か。スローペースと予想するが、2番手キタサンと後続の差はJCのように離れることはないと見たい。キタサンは後続に突っつかれて厳しい展開になるのでは。3コーナー手前からペースアップし、後半4ハロンのタフなスピード勝負になり長くいい脚を使った馬に凱歌があがりそうだ。

最強世代とも言われた現3歳世代だが皐月賞馬ディーマジェスティがJCで惨敗。リオンディーズは引退。ダービー馬マカヒキもエアスピネルもいない。残ったのは菊花賞馬サトノダイヤモンドだけで、菊花賞を圧勝し順調に成長していることを示し、余裕を持ったローテーションでここに駒を進めてきた。トビが大きいので広いコース向きだが、中山の外回りなら上手く立ち回れるだろう。中団で折り合いがつき、終いも長くいい脚を使えるし、勝負根性も十分。ヤネもルメールとくれば弱点らしい弱点が見当たらない。

4歳勢では目標にされるキタサンブラックより伸びシロがあり今の馬場が向きそうなシュヴァルグランに注目している。春の天皇賞3着、JC3着とキタサンの後塵を拝してきたが脚を余した感もある。終い確実に脚を伸ばしてくるし、中山の急坂への適性もキタサンよりありそうだ。エンジンのかかりが遅い所はあるが、小回りの阪神大賞典の時のように早めに動いていくこともできるので立ち回り次第で勝ち負けできると見た。ヤネが負傷上がりなのは気になるが…。

サトノダイヤモンド、シュヴァルグランの2頭中心のレースと見ているが、ディープ産駒の牡馬は中・長距離戦線でG12勝した馬が未だいないのは単なるめぐりあわせだとしても気になるところだ。

他では牝馬ながら秋2戦目と消耗していないミッキークイーン、昨年の1、2着馬ゴールドアクター、サウンズオブアース。ミッキークイーンは直線に坂のある阪神コースで連を外していないので中山の急坂もこなせそうだ。上手く立ち回り嵌れば馬券圏内に突っ込んでくるかも。サウンズオブアースも時計のかかる馬場向きの末脚があるし、ここ一番でデムーロの腕も怖い。ゴールドアクターは齢を重ねて馬体を絞り切れないようでロベルト系特有の衰えも感じられるが、得意の中山なので先行力を生かせば勝てないまでも馬券対象には残るかも。

キタサンブラックは今回はマークがきつくなり道中脚を使わされるため、直線余力がどのくらい残っているかだ。昨年と同じ3着がいいところで馬券圏外になる可能性が高いと見ている


◎シュヴァルグラン
〇サトノダイヤモンド
▲ミッキークイーン
△ゴールドアクター サウンズオブアース
☆キタサンブラック

馬券は◎〇を軸とした馬連、3連単にする。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。