So-net無料ブログ作成

2016天皇賞・秋 予想 [2016競馬]

世界ランキング2位のエイシンヒカリと7位のモーリスが国内で初対戦。着差を基準とする世界ランキングに違和感はあるが、日本競馬のレベルの高さを示していると言えるだろう。二線級の外国馬に軽くあしらわれた第1回JCを生で見ている小生には隔世の感がする。[soon]


絶好枠のエイシンヒカリが逃げるペース次第でレースが決まるだろう。瞬発力に欠けるエイシンヒカリがスローに落とすことは考え難いとの前提で予想したい。日曜は気温が上がらないので、パンパンの良でなく幾分湿り気のある馬場になると見たい。平均ペースで長くいい脚が使える底力の問われるレースを期待したい。

 

マイルG14勝のモーリスが二千の距離でどうかがポイントだ。血統からは全く問題ないが、スローになってかかるようだと苦しい。エイシンヒカリの先導である程度流れるとすると、鞍上ムーアの手綱捌きに応えてキッチリと結果を出してくれるだろう。軸は固いのでは? ただ、中距離路線からマイルに転向して成功した馬は数多いるが、その逆はあまり例がないのは気になることだが…。

 

相手は4歳世代だろう。リアルスティールとアンビシャスのディープインパクト産駒のポテンシャルが高いと思う。リアルスティールは安田記念が引っ掛かって凡走し人気を下げているが、それまでは4歳世代で安定した成績を残している。適性距離の二千なら休み明けでもキッチリと走ってくるのでは。アンビシャスは3歳の昨年5着で今年こその意気込みがうかがえる。毎日王冠で負けたルージュバックとの比較では斤量差計算からは十分に逆転できる。この馬も折り合いが問題でノリがどう乗るか注目だ。内なので前に馬を置き中盤じっくり構えて、直線坂上から内を突いて伸びてくるのでは。

 

馬場の回復が遅いとノーザンダンサー系のサトノクラウン、ミスプロ系で昨年の覇者ラブリーデイあたりが連下で食い込んでくるかも。成長力と勢いでサトノクラウンが上だろう。

 

府中の天皇賞を逃げ切ったのはニッポーテイオーとプレクラスニーの2頭だけであるがいづれも層が薄かった昔の事。全体としてレベルが高くなった現在では、抜きんでた力があるか、あるいは展開に恵まれるかしないと無理だと思う。ユタカがどう乗るか注目しているが、掲示板の下のほうに載れば上々では?

 

毎日王冠の覇者ルージュバックは近年の牝馬の活躍の連想から人気になっているようだが、ブエナビスタやジェンテルドンナに比べると実績、レース振りに物足りなさがある。牡馬一線級の中に入ると線の細さは歴然で掲示板の下のほうが精一杯だろう。

 

ダンゴを打つと

◎モーリス

〇リアルスティール

▲アンビシャス

△サトノクラウン ラブリーデイ


馬券はモーリスを軸とした馬連、3連単で勝負するがウラも押さえておきたい。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0