So-net無料ブログ作成
検索選択

アルゼンチン共和国杯 予想 [競馬]

2勝馬に4馬身ブッチ切られた天皇賞はレベルに疑問を感じざるを得ない。休み明けで完調手前のジェンティルドンナ以外の古馬はとうにピークは過ぎていた。そのジェンティルドンナも4歳になって斤量が増量されると切れる脚にブレーキがかかってきている。ジャスタウェイはJCに向かわないようだが、ひと叩きして本来の姿に戻ると見られているジェンティルドンナもJCでは危険な人気馬の香りがする。[soon]

人気になっているトップハンデ5歳3頭だが、そもそもこの世代はオルフェーヴル以外大した強くない。その証拠は二千以上の芝のG1を勝っているのはオルフェーヴルだけである。一方、現4歳世代は先週の天皇賞勝利時点ですでに二千以上の芝のG1を全て制している。加えてこのG2は近年4歳勢が優勢である。昨年のアルゼンチン、今年の目黒記念はともにレコード決着でG2としてはレベルが高かったが、その上位馬の今回の臨戦過程は今までとはいささか違うように見えるうえに背負わされている。

コスモラピュタ、モズあたりのハナだろうが流れはそう速くならないだろう。スローに近い平均ペースあたりか? 中盤も緩みそうなのでスタミナ勝負にはならず後半3ハロンの切味勝負になると見ている。力勝負にはならず前々で勝負でき瞬発力のある馬が勝つと見たい。推定タイムは良で2分31秒台か?

と言うことで、ここは波乱大と見て4歳世代から馬券を組み立てたい。ディープインパクト産駒2頭を中心視し、実績の5歳勢は押えに回すことにする。

ニューダイナスティ、エックスマークはハンデも同じでどちらに◎を打つか迷ったが、長距離線はヤネの力量がモノを言うと見てエビショーのニューダイナスティにした。馬券的にはこの2頭軸で行くが…

シゲルササグリも54Kでヤネがゴトーなら思い切った乗り方次第では一発があるかもしれないので単穴にする。5歳勢では春から本格化したと思われるメイショウナルトがハーツクライ産駒なので府中なら一番手だろう。同じハーツクライ産駒のアドマイヤラクティも押さえたい馬である。ルルーシュ、ムスカテールはその後の評価にしたい。長距離巧者ノリの腕に期待してデスペラードのゴール前急襲も3着ならあるかも?

まとめると

11489790.gif◎ ニューダイナスティ
〇 エックスマーク
▲ シゲルササグリ
△ メイショウナルト アドマイヤラクティ ルルーシュ 
☆ デスペラード

馬券は◎〇を軸にした馬連と3連単に手広く行きたい。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:競馬

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。