So-net無料ブログ作成
検索選択

天皇賞・秋 予想 [競馬]

土曜の府中は不良馬場。9Rの1000万下二千特別は2分6秒台の決着で相当馬場が悪いようだ。日曜は晴れて馬場の回復は確実だが、恐らく良に回復するのでは? 内側から回復する傾向にある府中の馬場特性を考えると内枠や内で脚を溜められる馬に要注意だ。[soon]

トウケイヘイローの逃げだが、スローに落として瞬発力勝負では分が悪いタイプなので平均ペース以上で引っ張るのではと見ている。展開的にもダノンバラードやレッドスパーダが後ろを突っつくので府中の二千G1らしい澱みのない流れになるのでは? 馬場状態に左右されるが、推定タイムはやや柔らかさが残る良馬場と見て1分59秒台になるのでは?

パンパンの良馬場ならジェンティルドンナで固いレースと見ていたが、馬場が渋り当日回復するも余韻が残りそうなことから、府中の雨に強いキングマンボ系の出番になるのでは? キングマンボ系の中では最内枠を引いたコディーノには絶好の舞台設定になったと思う。内から乾く傾向のある府中の馬場なので、逃げるトウケイヘイローを目標に内で脚を溜められ上手く立ち回れそうだ。毎日王冠は出遅れてスローペースに嵌り4角大外を回しながらも最速の上りで押し上げてきたので、着順ほど悲観する内容ではないと思う。距離は一ハロン長いような気もするが、内枠なら乗り方次第でギリギリこなすと見た。

相手はジェンティルドンナでオークス、JCを見ると府中巧者だ。BMSがスプリンターのベルトーニなので、本質的には2勝している府中のマイル半より距離が短縮されるこのレースのほうが向いていそうだ。休み明けで斤量が56Kと昨年に比べて増量されていて、しかも切味が殺される渋った馬場なので少し割り引いたが、馬場の回復が急ならアタマもありそうだ。

この2頭で決着が濃厚と見ているが、競馬だから何があるかわからないので、押えにジャスタウェイ、トゥザグローリー、トーセンジョーダンの3頭を取っておく。中でもジャスタウェイは距離不安が言われているが馬場がこの馬に味方しそうだ。BMSワイルアゲインなら柔らかさの残る力の要る馬場には向いているのでは? 澱みのない府中の二千ならトーセンジョーダンも父がジャングルポケットで、今年は函館札幌記念を使って順調に駒を進めてきたので軽視はできないだろう。京都大賞典で見せ場のあったトゥザグローリーは冬馬だが、念願の内枠を引き気温が下がりやや力の要る芝なら連下に残るかも?

キングマンボ系のエイシンフラッシュは昨年の勝馬だが、今年は展開面と脚質から掲示板がやっとではないだろうか? オルフェーヴル世代の5歳勢は府中の底力を問われるG1では力不足だろう。誤魔化しのきく阪神や中山の直線の短いコースなら別だが…

まとめると

11506010.gif◎ コディーノ
〇 ジェンティルドンナ
△ ジャスタウェイ トーセンジョーダン トゥザグローリー

馬券は◎⇔〇の馬単を厚めにと◎〇から△への馬単としたい。

 


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:競馬

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。