So-net無料ブログ作成
検索選択

秋華賞 予想 [競馬]

オークス1~3着馬が順調に夏を越して牝馬三冠最後のレースに駒を進めてきたが、消長の激しい牝馬のことだから、春二冠とは特性がガラッと変わるコースになることもあり、基本的に波乱になり易いレースだ。[soon]

逃げて勝ち上がってきたセキショウ、ビーナストリックのハナ争いだろうが、枠は外でも持っているスピード能力の違いからビーナストリックが逃げると見ている。ビーナストリックが気分よく逃げればスローはなく平均以上のペースになり1000m通過が58秒台では?

土曜の芝は良発表だったが雨の影響が少し残っていたようだ。今日は晴れて馬場も乾くので例年の秋の淀らしい高速馬場になるのでは… 勝ちタイムは1分58秒台あたりか?

淀の内回りコースなので、ある程度前につけられる馬と道中内々をロスなく回り脚を溜められる馬に有利だ。人気を背負っているデニムアンドルビー、メイショウマンボは外枠で追込み脚質なので辛い競馬になりそうだ。

ローズSを勝ったデニムアンドルビーは出が悪く行き脚もイマイチなので今回も後方からの競馬になると思う。終いに徹する競馬では馬群を上手く捌けるのか不安だ。それにオークスでのゴール前の脚色を見ると、いい脚を使えるのは一瞬ですぐに前の馬と同じ脚色になるタイプだろう。ローズSは重だったのでその欠点が覆い隠されたように思う。よって差し切ることは難しく3着あたりが精一杯と見て連下評価にしたい。

高速の良馬場なら母系がDanzig系のディープインパクト産駒エバーブロッサムが狙える。道悪のローズSは度外視していいだろう。

距離延びて台頭してきたリボントリコロールは魅力たっぷりだ。紫苑Sは脚を余しての2着でノリが4角を上手く捌いていれば勝てたレースだった。母系もしっかりしているので一度軌道に乗ると一気に頂点に上り詰めるタイプだと思う。父のチチカステナンゴは今のとこ期待を裏切っている種牡馬だが、フォルティノ系なのでいづれ大物を輩出するだろう。

前につけられる脚があり京都内回り二千に強いキングカメハメハ産駒ティアーモも内枠でレースがしやすいはずだ。自在性活かせば4戦3勝の素質が開花するかも?

ぶっつけ本番となったサクラプレジールの素質にも注目している。先行脚質でこのレース向きのタイプなのも魅力だが、一枚割り引いて連下の評価にしておく。メイショウマンボも押さえて置きたい。

まとめると

11506010.gif◎ エバーブロッサム
〇 リボントリコロール
▲ ティアーモ
△ サクラプレジール デニムアンドルビー メイショウマンボ

馬券は◎からの馬連中心だが、〇からも流しておきたい。

 


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。