So-net無料ブログ作成

マイルCS 回顧 [競馬]

ユタカが初めてマイルCSを制した。残る未勝利のG1は朝日杯FSだけである。齢43となりやや覇気に欠ける騎乗が見られるユタカもここ一番ではさすがの騎乗をする。朝日杯もあと数回のチャンスがあると思うので、前人未到のG1完全制覇を成し遂げて貰いたいものである。[soon]

レース結果              天候;[晴れ]   馬場;稍重
--------------------------------------------------------------------
[1]    サダムパテック   1:32.9  前半3F 35.0 - 4F 46.9
[2]    グランプリボス    クビ      上り4F 46.0 - 3F 34.7
[3] △ ドナウブルー    1/2
[4]    シルポート      1 1/4
[5] ◎ リアルインパクト  クビ
--------------------------------------------------------------------
馬券 昨年に続いてまたも完敗だぁ~[もうやだ~(悲しい顔)]

kaiko_04.gifシルポートは好スタートだったが後続を引き付ける溜め逃げで3ハロン35.0、1000m58.2と平均以下のペース。このG1にしては遅いペースでも絡んでいく馬がいなかったので楽な逃げとなった。このため中団より前で運んだ馬の決め手勝負になり後方から行く馬の出番はなかった。直線の際どい攻防で不利を受けた馬も多く、もう一度やれば結果はガラッと変ってくるのではと思わせる競馬でもあった。

皐月賞2着があるサダムパテックはオルフェーヴルと同世代。最内枠から内々中団のロスのない競馬で、直線エイシンアポロンとリアルインパクトの狭い間に割って入り審議の対象になったが、脚が溜まっていたのかそこからシッカリ伸びた。スローに近い緩めの流れの瞬発力勝負になったのが勝因だと思うが、それでも最後ゴール前は脚が鈍っていたとこをみると、この馬も最適距離は千四ではなかろうか? 厩舎事情もあるのだろうが、3歳時に菊を使うなど随分回り道をしてきたように思う。フジキセキ産駒は千二とマイルでしか芝G1を勝てないことを裏付けるような勝利であったと思う。選ばれれば香港マイルに行くようだが、遠征競馬で沙田の力の要る芝では今日以上にゴール前で失速するような気がするのだが…

                                    前半=中盤=後半 1000m
2012 サダムパテック    稍 1分32秒9 35.0=23.2=34.7 58.2
2011 エイシンアポロン   稍 1分33秒9 34.4=24.2=36.3 58.6
2010 エーシンフォワード  良 1分31秒8 33.7=23.0=35.1 56.7
2009 カンパニー        良 1分33秒2 34.8=23.9=34.5 58.7
2008 ブルーメンブラット   良 1分32秒6 34.4=23.5=34.7 57.9
2007 ダイワメジャー     良 1分32秒7 34.4=23.6=34.7 58.0
2006 ダイワメジャー     良 1分32秒7 34.0=23.5=35.2 57.5
2005 ハットトリック       良 1分32秒1 34.2=22.9=35.0 57.1

中団から直線外に出す時に進路がなくなる致命的な不利にもかかわらず、直線猛然と追込んできてのクビ差2着はグランプリボス。まともだったら勝っていたレースだ。4歳になり馬体重が520K台に増えてのこの成績はパワフルに成長を示していると言えるだろう。これで府中と淀のマイルG1で2着だから、サクラバクシンオー産駒ながら母系のサンデーサイレンスの血が強く受け継がれているのだろう。こちらも選ばれれば香港マイルのようだが、中山の朝日杯FSも勝っている馬なので、馬場への順応性は高くレベルの高い香港勢が相手でもそこそこやれるのでは。

中団外目からジワッと行ったドナウブルーは4角手前から仕掛けて、直線は大外から伸びてきて先頭に並ぶ勢いだったが、最後垂れてしまっての0.1差3着。母系が早熟短距離血統なので成長力に疑問を持っていた馬だが、折り合い面が進歩したことでコンスタントに力を出せるようになってきたようだ。牡馬相手にジェンティルドンナの全姉らしい底力を見せつけ先々展望も出てきた。来年のヴィクトリアマイルで姉妹対決を見たいものだ。

本命に推したリアルインパクトは昨年と同じ5着。瞬発力勝負になり切れる脚のないこの馬には厳しい競馬であったが、このスローな流れなら押えずにもう少し前々の競馬をして貰いたかった。ユーイチでもイワタでも、そしてムーアでもダメなら、やっぱり地方の戸崎にヤネを頼むしかないのかなァ…

3歳馬のファイナルフォームは直線でこれから追い出そうと言う時に外に弾き飛ばされるような不利で戦意喪失。まだまだ成長余力が期待できる馬なので今回は度外視していいだろう。

今年の安田記念馬ストロングリターンは見せ場もなくやはり右回りでは能力減で、シンボリクリスエス産駒なので淀のマイル適性もないのだろう。


nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 13

コメント 2

シービーちゃん

久々に武豊騎手の笑顔を見たような気がします。やっぱり絵になりますね。朝日杯はティーハーフに騎乗するのかな?
by シービーちゃん (2012-11-19 23:56) 

miharukoma

>シービーちゃん  さん

間もなく3500勝になるジョッキーですからJRAの宝ですよ。
ノリ、エビショー、ウチパクと年齢の近い連中が頑張っているのだから、まだまだやれると思うのだが、どうも消極的な騎乗が目立つんだよなぁ~

朝日杯は新馬で強い勝ち方をしたマジェスティハーツが故障してしまったのでティーハーフくらいしかいないわな。スプリンター色の濃い血統なので勝負にならないのでは?

by miharukoma (2012-11-20 20:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。