So-net無料ブログ作成
検索選択

中山記念 回顧 [競馬]

ヴィクトワールピサの壮行会だった。ブエナビスタとの二枚看板、もしかするとトランセンドも加わり三枚看板になるかもしれないが、1~3着独占なんてことになったらアラビアンナイトの魔法の世界だわな…。ネットであるBookmakerのオッズを見るとBold Silviano、Twice Over、Cape Blanco、Snow Fairy、Gio Pontiあたりが上位人気でブエナビスタ、ヴィクトワールピサは9、10番人気と人気薄のようだ。[soon]

      11489782.gif           天候;[晴れ]   馬場;良
--------------------------------------------------------------------
[1] ◎ ヴィクトワールピサ  1:46.0  前半3F 36.3 - 4F 48.5
[2]    キャプテントゥーレ  2 1/2     上り4F 45.9 - 3F 34.5
[3]    リーチザクラウン   ハナ
[4] △ マルカボルト       1
[5]    レッドシューター   1 1/2
--------------------------------------------------------------------
馬券 噛み合わないなぁ~[もうやだ~(悲しい顔)]

マルカボルトの出が悪かったこともあり好スタートのキャプテントゥーレが楽にハナに立ち1000m60.1とスローのマイペースに持ち込んだが、3角過ぎからリルダヴァル、レッドシューターの2頭に来られてペースが上がった。前半後方グループにいたヴィクトワールピサは残り600過ぎから外をマクリ気味に上がっていき4角大外を回して直線へと入っていったが、その直線は瞬発力の違いを見せ付けて豪快に突き抜けた。

G1実績のある馬が順当に上位を占めたレースであったが、バリバリのG1馬と昔G1を勝ったり好走したりした馬の力差は歴然で、まさに格の違いを見せ付けたレースと言っていいだろう。勝ちタイムは2004年のサクラプレジデント(1分44秒9)、2002年のトウカイポイント(1分45秒4)に次いで歴代3位だが、如何に前半がスローだったとはいえ上り45.9-34.5は歴代最高で、それだけヴィクトワールピサの瞬発力がケタ違いであったことを示している。

                                 前半=中盤=後半 1000m
2011 ヴィクトワールピサ 良 1分46秒0 36.3=35.2=34.5 60.1
2010 トーセンクラウン   不 1分51秒7 36.6=36.9=38.2 60.9
2009 カンパニー      稍 1分49秒2 37.7=36.4=35.1 61.9
2008 カンパニー      良 1分47秒3 36.1=35.9=35.3 59.7
2007 ローエングリーン  良 1分47秒2 36.6=34.6=36.0 59.5

弥生賞、皐月賞と同じように後方からの競馬になったヴィクトワールピサだが、3角過ぎからひとマクリでグランプリホースとしての貫禄を示した。楽な相手なうえに脚質も向く中山の内回りで有馬記念の二千五百より血統的に適性があると思われる距離なので強い勝ち方もいたって当然だと思う。デムーロも自信を持って乗っていたのでは…。父ネオユニヴァースは古馬になってからの成長力がイマイチだったことや今までの産駒も父と似たような歩みをしているようにも思えるので、今日のレースだけで先々を楽観視するのはどうかと思う。次はDubai World Cup(AW 2000m)になるが、直線(≒400m)が長くなるMeydanで初めてのAWと条件は厳しくなるので、世界の強豪相手にどこまでやれるか見当もつかない。オイルマネーをゴッソリ持ち帰って貰いたいものだが…。

逃げて2着に粘ったキャプテントゥーレは痩せても枯れても皐月賞馬なのでG2クラスならこのくらい走って当然だろう。展開に恵まれたての好走とも言えるが、4ヶ月の休み明けなのに-12Kとスッキリした馬体は上がり目がなさそうな気もする。次走は阪神大阪杯かマイラーズCになると思うが、今日のようにハナを切れるメンバーなら勝てないまでも馬券に絡むかも?

リーチザクラウンは後方からの競馬でピッチの上がった3角過ぎからは後方2番手に置かれたが、4角大外を回して直線はいい脚を使っての3着。気性難があり走ってみなければわからない馬なのに人気はするので馬券的妙味は小さいが、大分我慢する競馬が身についてきたような気もするのでペースが速くなるマイル戦線なら勝ち負けに持ち込めるのでは?

素質を買って対抗に推したミッキードリームは長期休養明けの割には馬体は出来ていたが息が持たなかったようだ。ひと叩きした次は変わってくるような気がする。

リルダヴァルは押せ押せで使いすぎだし、スローの流れを先行したのにもかかわらずキャプテントゥーレに簡単に負けてしまうようでは能力的に足りないことを証明したようなものだ。BMSがサンダーガルチなので成長力にも疑問があり、ローカル重賞に狙いを絞った方が良さそうな気もする。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:競馬

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。